治療

メリットとデメリット

インビザラインは矯正治療で用いられる治療器具のことで、矯正器具の中では最も進んだ先進治療と言えるでしょう。インビザラインが人気が高い理由として目立ちにくく着用時の違和感が少ないという特徴があります。というのもインビザラインは従来の矯正治療器具とは異なりマウスピース型の形状を指定ます。着用の仕方はマウスピースと何ら変わることはなく、歯の部分だけインビザラインで保護をすることが出来ます。またインビザラインは目立ちにくく、小さな子供でも治療をしやすいという特長を持ちます。というのも従来の治療器具はメカメカしく、口を開けると金属が見えるという状態でした。そのためからかわれてしまったり、またいじめのきっかけになることもありました。インビザラインは見た目自体が透明色をしています。そのため例え口を開けたとしても目立ちにくく、またマウスピース型なためそもそも気付かないという特徴があります。
インビザラインのメリットはやはり最新の矯正治療が体験できるという点でしょう。見た目も良いですし、勿論矯正もしっかりと行うことが出来ます。しかしながら全てがメリットというわけではなくデメリットもあります。インビザラインのデメリットは何と言っても先進治療に分類され治療費用が高いという点です。これから先インビザラインが一般的に普及すれば治療費用も下がるでしょうが、今のところ従来の治療器具よりも高い費用が必要になります。治療費用が高くなってしまう原因はインビザラインの作り方にあります。インビザラインを作る時は完全オーダーメイド製でつくります。3D計測を行い海外にあるメーカー本社で制作を行い届けてもらいます。そのため製作コストがかかりどうしても高くなってしまいます。インビザラインを行なうという場合はこういった治療に関する費用についてしっかりと理解し、治療費用を捻出する必要が有ることに注意したいでしょう。