治療

保険は効かない

失った歯を再度再現する方法としてインプラントという治療があります。インプラントは非常に高度な治療技術が必要でありながらも、古くからある非常にシンプルな治療方法です。具体的な治療方法としては顎の骨に人工歯を埋め込むという形で歯を再現します。入れ歯などは基本的に取り外しが出来るものですが、インプラントは取り外しが効かないもので通常の歯と変わらずに再現することが出来ます。治療費用は高いですが非常に人気が高く、歯の再現治療といえばインプラントが最も普及しています。そんなインプラントは保険が効かないという大きな特徴を持っています。そのため治療費用は全て全額負担する必要があり、予算が無いという方にとっては大きな負担になってしまいます。
インプラントが保険が効かないという理由はそもそもインプラントが審美治療であるという理由があります。日本の保険制度では審美治療に関するものは全て自由診断に入り、インプラントやホワイトニング、矯正治療なども全て自己負担になります。ただしこれには例外があり、インプラント治療しか選択の余地が無いという場合は保険が適用されることがあります。例えば先天性で顎に変形があり、インプラント治療で歯を再現しないと食べ物を噛むことが出来ないという場合は保険が適用されるケースが有ります。勿論ケースバイケースで全て一律で適用されるわけではなく、一件一件保険適用申請を行わなければなりません。ただし例外があるという事を知っておくことは大切でしょう。しかしながら先天性以外で歯を失ってしまったという場合はこれに該当する確率はほぼゼロに等しいとされています。費用の負担は大きいですが、最近ではインプラントで歯の再現を行なう事も一般的になってきたため、治療費用に関しても徐々に下がってきています。全て全額一括払いというわけではないことが多いため、上手くやりくりしながら治療をしてみるというのも大切でしょう。